マシニングセンタ

物作り好きなワタシ、せいぜい・・・3Dの絵を描いて最安値3Dプリンターで造って、ヤスリで仕上げる程度の物作りしてますが・・・

 

Instgramのカブ繋がりから知り得た「カブドックの町工場チャンネル」様の動画

 

 

自作スマホホルダー」って、どんな作り方するの❓・・・軽く考えてました。

 

 

実に素晴らしい憧れる物作り・・・久々感動した動画でした。

 

 

f:id:intertechtokyo:20200226101222j:plain


 

 

 

 ご紹介します。

 

 

 

これって・・・この設備が無ければ加工できない代物ですが・・・販売するとなると、どのくらいの単価になるのか・・・3D図面を描いて・・・加工に1時間・・・ざっと見積もって、最低でも・・・7~8万円かと・・・どうかな❓

 

 

では・・・再見

 

 

 

追記:

折角なので機械をググってみました。

 ※ お値段は書かれてなかったけど・・・1500万円くらいかな❓

 

 

こんな機械です。

SONY 給電撮影・・・続き

カブ旅で給電撮影すると、長時間撮影が可能となります。

 

そこで、SDカードの容量増しが必要です。

 

今まで、64GBを使ってました。

 

MP4撮りで、約8時間です。

 


そこで、512GBヤフオクでポチってみました。

f:id:intertechtokyo:20200226064314j:plain

 

この手のイッピンは、容量すら偽物が多いと多くのレビューにあります。

 

早速、パソコンで認識させると・・・正しい容量を表示します。

 

ファイルの書き込み/読み込みもできます。

 

早速、アクションカム/FDR-X3000にセットして・・・

 

長時間撮影を試しました。

 

※約4GB毎に分割保存されてます。

 

先頭の数ファイルは、正しく再生が可能でしたが、その後に続くファイルを再生すると・・・「再生できません」とエラーです。

 

f:id:intertechtokyo:20200226065033j:plain

 

 

二度のカブ旅で、試しました。

 

結果は、変わりませんでした。

 

512GBでの長時間撮影・・・アキラメマス。

 

 

懲りずに、128GBもポチってみました。

f:id:intertechtokyo:20200226072522j:plain

 

これは、長時間撮影出来ました。

 

 

その時、新たな経験しました。

 

撮り終えた動画をスマホSONYアプリ「Imaging Edge Mobile」で再生すると・・・

f:id:intertechtokyo:20200226065812j:plain

 

 

コマ送りが途切れます・・・あちゃ~・・・新たな問題か❓

 

SDカードをパソコンに挿入して再生すると・・・正しかったんです。

 

その対比がコレです。

 

 

 

どうやら、スマホ内部の問題のようでした。ヤレヤレでした。(笑)

 

 

今、パソコンモニタ下部に、SDカード収納ポケットを工夫しました。

 

f:id:intertechtokyo:20200226065517j:plain

 

 

 

追記:

スマホで正しく再生されない事実の時、三年前の購入時に加入していた延長保証保険を思い出しました。有効期間は何年間だった・・・確か❓

 

三年前のメール受信を探しました。ありました。

 

五年契約でした。

f:id:intertechtokyo:20200226070359j:plain

 

 

購入直後、韓国自転車旅の急坂で落下損傷修理が一度目、二度目も落下でカバー交換してます。

 

今回、三度目の修理依頼しました。

 

SDカードの差し込みロック機能が壊れてるんです。20回ほどカチカチせにゃロックできません。ましてや挿入できるも、開けてるカバーを閉めると、そのショックでロックが外れてしまうこともあるんです。今まで、大して使い込んでないので我慢してましたが、五年の期限が切れる前に修理依頼しました。

 

サポートに修理を申し入れましたが、二度目の時は、云われなかったと記憶しますが、三度目の今回、「メーカー修理が17,000円を越える場合、修理しません。保険会社が市場から同等の中古品を探して交換修理とします」・・・契約文面を詳しく読んでいませんが、修理にも限度があるようです。一応、承諾して昨日、発送しました。

 

まぁまぁ・・・長く、使わず仕舞い・・・今回、カブ旅を始めて、使い出したアクションカム・FDR-X3000です。

 

これを期に、大事に末永く撮影したいと思います。

 

 

では・・・再見

 

 

 

おまけ

三年前、歯科治療で大連訪問時にクルマから撮った動画がありました。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

 

SONY 給電撮影

※本記事は、スーパーカブC125と重複してます 。

 

モトブログを公開するには、まだまだ・・・先です・・・学びが足りません。

 

二度のカブ旅で、ヘルメット装着の連続撮影を試しました。

 

カメラの電源は、モバイルバッテリ繋ぎっぱなしで長時間撮影可能を確認しました。

 

最初に、スマホで撮影角度を確認して始めるのですが、帰宅してからの編集が事実上、長過ぎて不可能です。

 

また、撮影中は、使わないリモコンですが、この電池消耗は有ります。そして撮影中、充電が出来ないのです。

 

f:id:intertechtokyo:20200216231148j:plain

f:id:intertechtokyo:20200216231225j:plain

 

 

そこで、リモコンを頻繁に操作して、トータル撮影時間を短縮したいのです。

 

それには、リモコンへの充電が必要です・・・給電撮影

 

 

 

 では、その工夫課程をご紹介します。

  

 

訂正 ⇒ 動画中の音声テロップ・・・モトブログ でした。

 

 

 

この操作を頻繁に繰り返して・・・後編集をラクチンさせたいです。

 

 

では・・・再見

FDR-X3000とリモコン

ガジェット好きなワタシですが・・・取扱説明書・・・シッカリ・・・読みません。

 

三年前に、CANON一眼カメラと交換購入したアクションカメラFDR-X3000

 

撮影する度、起動操作に手間取ってました。

 

同時に購入していたリモコン、ほとんど使い込んでいません。

 

f:id:intertechtokyo:20200207075520j:plain

 

 

何気なしにマニュアル開くと・・・こんな便利な機能がありました。

 

 

 

 

 その後、ジンバルOsmoMobile2Osmopocket・・・と浮気心・・・FDR-X3000は、あまり出番がありません。購入時に三年保険加入してまして、最初、韓国自転車旅で落下・・・一番重要なレンズ部分とケース破損で交換修理・・・その半年後、再度、落下させて・・・ケース交換

 

 

※小さなボディで・・・ついつい扱いが疎かになりがちです。

 

この手のガジェットは、保険加入が宜しいですな

 

 

ではでは・・・再見

 

USB電流計

昔、駐在している時、事務所内の電気配線に欠かせなかったクランプ式電流計

 

f:id:intertechtokyo:20200205120754j:plain

 

 

さずがに現在の狭い部屋中では不要です(笑)

 

 

ワタシは、AndroidスマホZenfone5zとiPhoneXsiPhone5sも)を所有してます。

 

メインは、iPhoneXsです。

 

先月、Zenfone5zの充電時間がとんでもない時間がかかる事実が判明したんです。

 

間違いなく以前は、速かったんです。

 

どうやらAndroid10に更新してからのようです。

 

ASUSサポートにも問い合わせました。

 

返答は、公式ヘルプに書かれている処置を実行して、それでも復活しない場合、本機の故障です。

 

ワタシは、書かれている初期化から実行しました。

 

これって・・・復元まで長~い時間がかかります。

 

それでも復活しませんでした。

 

サポートに故障の連絡をする直前、ヘルプに書かれているASUS純正アダプターとケーブルに行に目がいきました。

 

充電アダプターは、ASUS純正です。

 

ケーブルは、丈夫そうな繊維で覆われているイッピン使ってました(以前は、これでも速かったんです)

 

オリジナルケーブルは、それと比べるとあまりにも弱々しい太さのケーブルですが・・・それに交換すると・・・速くなりました。

 

f:id:intertechtokyo:20200205122749g:plain

 

 

 同じ充電アダプターを使っていて、ケーブルを替えただけ・・・何故❓

 

研究心旺盛なワタシ・・・(笑)

 

USB電流計をメルカリでポチってみました。

 

f:id:intertechtokyo:20200205123037j:plain

 

 

 

届いて、早速、検証です。

 

f:id:intertechtokyo:20200205123548j:plain

 

 

 

電圧と電流が互い違いに表示する格安イッピンですが・・・

 

f:id:intertechtokyo:20200205120459j:plain
f:id:intertechtokyo:20200205120454j:plain
純正ケーブル【急速充電】    vs.   繊維で覆われてるケーブル

 

 

 

ケーブルの違いで、こんな結果です。

 

それも・・・Android10に更新した後です。

 

理屈は理解できてませんが・・・

 

そんな書き綴りです。

 

 

 

ではでは・・・再見